すべてが愛おしくて守りたい

語彙力の無いりゅかみオタクが書いてます

「初恋」の歌詞を深く読んだ件について

はじめまして、さくです!

 

ずっと書こうと思っていたはてなブログさんをついに登録し、始めてみました。ホントに文章をまとめる力が無いオタクなので、最終的にどう爆発するか見守りつつ読んでくれたら嬉しいです!

 

では、タイトル通り、3月7日リリースのジャニーズWEST 9枚目のシングル「プリンシパルの君へ/ドラゴンドッグ」のカップリング曲の中から

「初恋」の歌詞を深く読んだ件について

ブログを書いていこうと思います。

 

この曲について、以前 3月4日のもぎたて関ジュース内にて流星くんと濵田くんが「(歌詞を)見る人によって角度や考え方が違う」と言ってましたね。流星くんの推測では「長年付き合っていた2人が別れちゃった」歌、濵田くんの推測では「(彼女が)この世界からいなくなってしまった」歌、と…

どっちの推測も凄い分かるしどちらとも捉えられますが、私は圧倒的に濵田くんの推測を推します!自担は流星くんですけど!!!(大声)

 

じゃあ早速歌詞に沿って深読みしてきますね!

ずっと一緒にいようなんて 言葉は照れくさくて

あの日に交わしたキスのあと 甘酸っぱい恋に気づいた

めっちゃリア充してるやないか

初恋聴いてて思ったんですけど、1番は結構リア充してるんですよね🤔

で、疑問なんですけど、 「ずっと一緒にいよう」 って普通プロポーズの時などに言うセリフですよね?でも、その後 “あの日に交わしたキスのあと 甘酸っぱい恋に気づいた” って言ってるんですよ…私的にこのセリフは彼女が言ったのではないかと…!彼女は彼(主人公)のことが好き、そう片想いしてた。それで思い切って告白をした、と!いわゆる 「結婚を前提にお付き合いしてください!」 ですね☺️そして僕(主人公)は彼女に何かしらの気はあり、告白にイエスしてキスして甘酸っぱい恋に気づいた。私的に、 “甘酸っぱい恋に気づいた” は主人公の初恋だと思います。

2人あれから笑い合い涙も流し

ずっとそうして乗り越えたその先が「今」

“あれから” というのは多分先ほど出てきた “あの日” を指しているのかと思います。結婚を前提にお付き合いし、色々と乗り越えてきた2人が 「今」、結婚へと新たな第一歩を踏み出す…そう捉えると後の歌詞にも納得いくんじゃないかな~と!

僕らはきっと “愛してる” 以上の言葉を(I love you so)

見つける為に生きてきたんだ(Never end)

手を取り合ってまた進んでゆこう(My life)

それがひとつの軌跡さ

ハァ〜〜〜まるで結婚式のスピーチのような…ムービーに出てくる言葉のような…ここで注目したいのは、カッコ内の英語です。“I love you so”“あなたをとても愛しています” 、“Never end”“決して終わらない”“My life”“私の人生” です。この3つの英語はこの先も何回か出てきます。私は彼女目線の発言ではないかと推測します。

僕らはずっと優しさの答え合わせをして(I love you so)

2人足跡を残してゆくよ

もう汚れた靴でもいんじゃない?(My life)

隣では君が笑ってて、幸せ咲く

ここでも出てきました!カッコ内の英語!!でも、またひとつ疑問点が…そう“Never end” がないんです!!先ほどの、「愛してる以上の言葉を見つけるために生きてきた」のは決して終わらないのに、「2人足跡を残してゆく」のはいつか終わりが来るんです。照史くんパートの方は過去を指してるのに対し、濵田くんパートの方は未来を指しています。後から出てくる歌詞なんですが、未来は分からない…きっと彼女は自分の死が近いのを彼にまだ打ち明けてないんでしょう…(あくまでも推測です!)それを知らない僕は、結婚式で隣で笑っていてくれる彼女を見て自分まで幸せになった、のではないかな~と!!では2番に入っていきます。

何度もぶつかり合った後に 何度も好きになって

自然に居場所がここになって かけがえない2人になってた

めっちゃリア充してるやないか(2回目)

これは完璧に結婚後の生活ですね!“居場所” は2人の住んでいるのことを指していると思います。いや~、しかし普通に幸せそうで微笑ましい…

僕の溢れるこの気持ちを空に書いて

もっと大事なことを今、君に歌うよ

ん?????あれ?????ここにきて意味深なワードがつらつらと…この時点で彼女は彼に「私は死が近いんだ」告白済っぽいような…“僕の溢れる〜” という歌詞から彼女はあの世へ旅立ったとも推測できますが、この後の歌詞を見るとつい最近告白されたと推測できるはずです。しかも彼女の病気がもう随分と深刻な状態の時に。“僕の溢れるこの気持ち” はきっと、彼女の病気が随分と深刻な状態だと知った僕の彼女に生き続けてほしい気持ちを言っているのかと。

僕らはきっと “愛してる” 以上の想いで(I love you so)

「これからもずっとこうしていよう」(Never end)

手を取り合って見つめ合いながら(My life)

ほら、また君が笑ってる、笑ってる

先ほどの “もっと大事なこと” とは “「これからもずっとこうしていよう」” だと思われます。僕は愛してるを上回るさらに上の想いで「これからもずっとこうしていよう(2人で一緒にいよう)」と彼女の手を取り言った。そしたら彼女はニコッと笑ってくれた。彼女の病気はもう声も出せないくらい進んでいたがために、笑って返事をすることしかできなかったんでしょう。

誰もわからない 未来はわからない

それでも受け止めてゆく 僕が連れてってあげるよ

歩こう(歩こう)歩こう(歩こう)

君を離さない

ここは彼女がいつ亡くなってもおかしくない時だと思います。“誰もわからない 未来はわからない” は、僕の「未来は誰にもわからないんだから、彼女は生き続けるかもしれない!」というほんの少しの期待を表しているのかと。“歩こう(歩こう)歩こう(歩こう)” は、僕が彼女に「生きてよ」「また一緒に歩こう」という気持ち。カッコ内の “歩こう”彼女の「生きたい」「また一緒に歩きたい」という気待ち。「“君を離さない”」と彼女をハグした僕の本当の気持ちは初恋の相手を失うのがこわいんです。でも彼女は、僕の腕の中で静かに息を引き取った。

僕らはきっと “愛してる” 以上の言葉を

見つける為に生きていたんだ

旅立つ君と送り出す僕と

それが2人の答えさ

このフレーズ、1番のサビでも出てきましたね!でも、違うところが2つ。1つはカッコの英語がないこと。もう1つは“生きてきたんだ” ではなく“生きていたんだ” になっていること。“生きてきた” はまだ「これから」がある風に捉えられますが、“生きていた” は「これから」がありません。これは彼女が亡くなった後の歌詞です。“旅立つ君と〜” は言わずもがな、天国へ旅立つ彼女、そして彼女を送り出すのことを言っています。

僕らはずっと優しさの答え合わせをして(I love you so)

支えあって生きてこれたんだ

君のいない街に慣れたら(My life)

空に書く、僕のこの想い届いてって

My Love…Oh Yeah…

ん?????あれ????カッコ内の英語がある…?!さっきはなかったのに、“I love you so” “My life” だけある…?!正直メッチャメチャに頭抱えたこの部分…私的には天国の彼女から彼へのメッセージではないかなと。 “君のいない街に慣れたら” の後にくる “My life”「私の分まであなたが生きて」という彼女のメッセージ。でもなぜ“Never end(消して終わらない)”はないのか…支えあって生きてこれたという事実は決して失くならない(終わらない)のに…ここだけは本当に分からなかったので私の中では諦めてたんですけど、ツイッターフレンズドがでかしました!!フレンド曰く、“彼女と2人で生きた人生に終わりが来た” 又は“彼女がいなくなったことで僕の人生にもいつか終わりがくると現実に直面した” と、推測してくれました…!どちらも良い…!ありがとう!親友!!

つまり、この部分は彼女の死から少し日が経っています。最初は受け入れたくなかった彼女の死を、僕は受け入れた。それから少し日が経ち、“君のいない街に慣れ” てきたんでしょう。多分、一周忌かなんかじゃないかなと。一周忌に彼女と過ごした日々を思い出した僕が、彼女のいる空に向かって僕の想いが届くことを願っている…そう解釈しました。

 

以上のことを簡単にまとめると、

僕は初恋の相手と結婚をした。でも彼女は自分の寿命が短い(病気)のをギリギリまで僕に隠していた。彼女の病気のことを知った僕は空に向かって治りますようにと願ったものの、僕の腕の中で息を引き取ってしまう。悲しみに暮れながらも、最期まで彼女が幸せでいれるために、そっと天国へ旅立つ彼女を送り出す僕。そして一周忌、彼女との思い出を空(彼女)に向けて書いた歌。になると思われます!(簡単じゃない)

 

これらは全て私の解釈と妄想なので、全く正解でもなんでもありません!!こんなに長々と読みにくい文章なのに最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!

ハァ~~!みんなも初恋深読みしてくれよな~~!!

 

おわり